Node.js のリリースサイクル・バージョンを理解する

2021/10/18

公式ドキュメント 、Github の READMEIssues を見た。

Release Phases

  • Node.js のリリースの状態には、CurrentActive LTS がある。
  • Current release status
    • non-breaking な変更が組み込まれる
  • LTS (long-term support) status
    • “LTS になった” === “ready for general use”
    • LTS は更に 2 種類に分かれる。
      • Active LTS
        • LTS チームが適切で安定と判断された、新機能とバグ修正が入る。
      • Maintenance LTS
        • 重大なバグとセキュリティアップデータが入る。
  • メジャーバージョンの範囲で、Current から LTS に移行する。

Release Plan

  • 6 ヶ月毎に major version がリリースされる。
  • 奇数番号リリース偶数番号リリース で、サイクルが異なる。
    • 奇数番号リリース
      • 10 月にリリースされる。
      • Current release status が終わったら、サポート対象外になる。
        • 正確には、 2 ヶ月だけ Maintenance LTS 期間がある(long-term とは?)
    • 偶数番号リリース
      • 4 月にリリースされる。
      • Current release status が終わったら、LTS status に移行する。
        • 12 ヶ月間 Active, 18 ヶ月間 Maintenance (LTS 期間は 合計 30 ヶ月)。
  • 新しい奇数番号リリースと連携して、以前の偶数番号リリースは LTS に移行する。

これらをまとめると、👇 の流れ。

偶数バージョン初回リリース
↓
6ヶ月後
  偶数バージョン Active LTS 開始 (ここから 12ヶ月間)
  次奇数バージョン 初回リリース
↓
さらに6ヶ月後
 次偶数バージョン 初回リリース
↓
さらに6ヶ月後
 偶数バージョン Maintenance LTS 開始 (ここから 18ヶ月間)
 次偶数バージョン Active LTS 開始 (ここから 12ヶ月間)
↓
さらに18ヶ月後
 偶数バージョン サポート終了

おまけ

解りやすいのか解りにくいのか分からんけど、 wiki のリリース情報 を元に直近のリリース日をテーブルにまとめてみた。

datev12v13v14v15v16v17
2019/04初回リリース-----
2019/10Active LTS 開始初回リリース----
2020/04-Maintenance LTS 開始初回リリース---
2020/06-サポート終了----
2020/10--Active LTS 開始初回リリース--
2020/11Maintenance LTS 開始-----
2021/04---Maintenance LTS 開始初回リリース-
2021/06---サポート終了--
2021/10--Maintenance LTS 開始-Active LTS 開始初回リリース
2022/04サポート終了----Maintenance LTS 開始
2022/10----Maintenance LTS 開始-
2023/04--サポート終了---
Profile picture
LLer and programmer.
@T28_tatsuya