Lit2の背景・新機能・ポイントを整理した

April 24, 2021

なにこれ?

  • Launch Event が行われた Lit2 の背景・新機能・個人的に思う大事なポイントをまとめた記事。
  • 元々は UIT INSIDE の収録に向けて準備したものだけれど、配信では 2 割ぐらいしか話せなかったので…ここに書いておく 😇

ep.84 『Web Components 最前線!Lit 2 で広がる新たな可能性』 | UIT INSIDE

まとめたと言う割には、長かったり、所々略したり


今 (2021-04-22)

乗るしかない、このビッグウェーブに。

ビッグウェーブに乗るために見たもの

Lit1? Lit2? (おさらい)

Lit1 はあるの?

ない

Lit2 is なに

Web Components を実装するための 各種ライブラリ・モジュール(lit-*, @lit/*) の総称

Lit2 は repo, npm module をまとめただけ?

既存パッケージのメジャーアップデート、新しいパッケージの提供が行われている。

  • major update
    • lit-html 2.0 (現行は v1.3.0)
    • lit-element 3.0 (現行は v2.4.0)
  • new package
    • @lit/reactive-element
    • @lit/localize
    • @lit/localize-tools
    • @lit/virtualizer
    • @lit-labs/* (実験的な機能のパッケージ)
      • ssr
      • ssr-client
      • react
      • task
      • scoped-registry-mixin

なんで Lit2 は開発されているの?

SSR の実現とパフォーマンスの改善

About Lit 2.0#Motivation

(個人的に思う)大事なポイント

  • 再利用
  • Breaking Change が少ない
  • パフォーマンス
  • SSR

再利用

機能の集約がしやすくなってる

ライブラリを組み合わせられるようになっている

  • Lit2 では、いままで LitElement(v2.x)が持っていた properties や style 等の Web Components 用の実装( UpdatingElement )を reactive-element に移している。
  • Lit2 の LitElement は、lit-html (テンプレートライブラリ) と reactive-element (Web Components 実装の core) を繋ぐ役割を持つ。
  • package が lit-html, lit-element, reactive-element に分かれた疎結合なライブラリが提供されたことで、「テンプレートは preact にする」とかが出来る ようになっている 💪

Breaking Change が少ない

パフォーマンス

  • コードベースの簡素化・ブラウザーサポートの方針変更によって、バンドルサイズが下がっている
  • ↑ の結果、バンドルサイズが下がった分、パフォーマンスが上がっている 🔥
  • Reduced size (配信から)
    • minified 15kb (-30%)
    • gzip 5.8kb (-19%)
    • brotli 5.2kb (-20%)

SSR

  • <template> でコンポーネントを表現した html を返す。
  • template tag では 宣言的 Shadow DOM で Shadow DOM が表現されている。
  • 宣言的 Shadow DOM ? 🤔
    • <template shadowroot="open" /> で shadow root をテンプレート上で宣言できる => SSR 出来る!
    • 今までは js で elementRef.attachShadow({mode: 'open'}); ってやってたやつ
  • labs/ssr 配下の demo を動かすのが早い。
    • クライアント側で hydrate(template(initialData), window.document.body) してから再度 render(template(data)) すると描画済みの html(node 側で render したやつ)に対して必要な部分だけを変更できる。

Lit2 の新機能

About Lit 2.0 - New Features

lit (全体)

  • 開発用ビルドの提供

lit-html

Element expressions

lit.dev/docs

  • 要素のインスタンスを取得するためにディレクティブを使って ↓ って書ける。

    html`<div ${myDirective()}></div>`
  • ref(後述) ぐらいしか用途が思いつかない…😭

Class-based directive API

  • いままで(lit-html v1.x)は directive() で関数を wrap する形式だった。
  • SSR 関連話
  • 関数から class に変わった ので、ディレクティブ内で状態を持てるようになった。
  • ライフサイクルメソッドが定義されたので、SSR の制御ができる。
    • render(): 初期レンダリングと SSR
    • update(): クライアントのみで実行されるので、dom とかイジれる

Async Directives

  • Directive class を継承した AsyncDirective class で定義されている disconnected()reconnected()のこと
  • これらは、directive 内で保持した状態や subscription を開放するための callback method。
  • template 内の directive で promise を返せるようになった…ではない(すでに出来る)

Refs

lit.dev/docs

Static Expressions

略 😭

Compiled template support

  • html が返す TemplateResult を予め計算(pre-compile)しておくと、処理のオーバーヘッドが減って嬉しい 😊
  • ブラウザーサポート(IE, Safari)の課題に対する代替手段にもなりそう。
  • interface CompiledTemplateもうある けれど、実装はまだないっぽい。

Multiple expressions in unquoted attributes

  • html'<div foo=${a}${b}></div>'が出来る
  • …けど、メリットはなに…? 🤔

LitElement

Reactive Controllers

(前述) (´-`).。oO(実装の実態はreactive-element 配下にあって、lit-element は export しているだけ なんだけどね)

ReactiveElement

Shadow root & styles support

(前述) (´-`).。oO(LitElement にあった実装あれこれを ReactiveElement に移動した)

細かい機能差

Labs

@lit-labs/ssr and @lit-labs/ssr-client

(前述)

@lit-labs/react

  • React で Web Components を使用するための便利メソッドを提供してくれる。
  • createComponent()
    • Web Component を ReactComponent で wrap するための util
    • React で Web Components は描画出来る…けど、React の props を Web Components に渡すのは結構大変なんだよね…(attr/prop の bind とか、event とか)。
  • useController()

@lit-labs/task

略 😭

@lit-labs/scoped-registry-host

略 😭

結論

Lit2 使おう!👊😊

Profile picture
LLer and programmer.
@T28_tatsuya